予防プロバイオティクスで虫歯菌も減らせる


予防プロバイオティクスの虫歯菌減菌効果が注目されています。

 


引用:http://www.nyusankin.or.jp/

 

そもそもプロバイオティクスは
腸内の環境を整えるために
有効なものです。

 

 

善玉菌を増やし
悪玉菌を抑えます。

 

 

それが虫歯菌にも効果的だということが分かってきました。

 

 

口の中にはいろいろな細菌が
100億個も存在するのだと言われています。

 

 

そしてそのいろいろな細菌の種類も
800種類にも及ぶのです。

 

 

口の中も体の中の一部なので

  • 善玉菌(オリス菌、カゼイ菌、サリパリウス菌、ブレビス菌など)
  • 悪玉菌(ミュータンス菌、ジンジバリス菌など)

があります。

 

このバランスが崩れることにより、
虫歯や歯周病などになり
口臭がするようになったりします。

 

 

殺菌効果のある

  • 抗生物質
  • 3DSなどの虫歯菌殺菌治療

などによる殺菌は
良い菌も悪い菌も殺菌をしてしまうものです。

 

 

殺菌後は、無防備な状態になるので
環境によっては
急激に虫歯菌が増殖します。

 

 

そこから考えられた善玉菌のプロバイオティクスは
ウイルスや細菌に対する抵抗力を高める力があります。

 

 

悪玉菌の増殖を防ぐので
虫歯や歯周病などの予防に効果が期待されるのです。

 

 

さらに善玉菌を活性化させ
虫歯菌の抑制と口臭予防も可能です。

 

 

 

口臭の原因に便秘もあり、
腸内の悪玉菌が増えることで
働きが鈍くなり老廃物が溜まり、
それが口からアンモニアなどの臭いがでてきます。

 

 

そのような時には歯磨きをしっかりとしていても
口臭には効果がないのです。

 

 

プロバイオティクスを利用して
腸内の環境を整えることが大切になります。

 

 

予防プロバイオティクスで善玉菌を増やすことで
虫歯菌の減菌を可能にし、歯周病菌を抑えて、口臭を防ぐことができます。

 

 

口腔内で虫歯菌の原因となる菌を
予防プロバイオティクスで防ぐことができるのです。

 

⇒⇒虫歯菌除去まとめ〜最新「blis-m18(ブリス善玉菌)」で虫歯菌除去

 
トップへ戻る