赤ちゃんに移る原因

 

赤ちゃんに虫歯菌が移る原因を解説します。

 

 

虫歯菌として
よく知られているのが、ミュータンス菌です。

 

 

ミュータンス菌は、
酸を作り出します。

 

 

ミュータンス菌によって作り出された酸で、
歯のエナメル質が溶かされるので、
歯がもろくなってしまいます。

 

 

もろくなった歯に
乳酸菌の一種であるラクトバチラス菌
が取りつくと虫歯が進行してしまいます。

 

 

赤ちゃんにはもともと
虫歯菌であるミュータンス菌はいないのです。

 

 

では、虫歯菌が赤ちゃんに移る原因とはなんでしょうか。

 

 

実は、唾液を介して、
大人から赤ちゃんに移ってしまうのです。

 

 

例えば
離乳食を食べさせる際に
母親が自分が食べているスプーンやお箸を使って
赤ちゃんに食べさせたり、
キスをするなどが原因として考えられます。

 

 

昔は、母親が自分で噛み砕いたものを
赤ちゃんに食べさせることもあったようですが、

 

このような行為は、
赤ちゃんが虫歯菌に感染する大きな原因となります。

 

 

乳歯の頃から虫歯菌に感染してしまうと、
口の中で菌が繁殖し、
永久歯にも影響を与えるので、
虫歯になりやすくなってしまいます。

 

 

歯の健康は、
万病のもととも言え、
小さい頃からしっかりと口腔環境を整えてあげることが
親の大切な務めと言えるでしょう。

 

 

そのためには、

  • 赤ちゃんに口移しで物を与えない
  • 甘いものをあまり食べさせない
  • だらだらぐいをさせない

など、虫歯になりやすい要因を除去することが大切です。

 

 

また、親が、
子供の歯を丁寧に磨いてあげましょう。

 

 

歯磨きも、大切なスキンシップの代わりになるので、
楽しんでしてあげましょう。

 

 

赤ちゃんの虫歯菌を除去する方法

虫歯の原因となる
『虫歯菌(ミュータンス菌)』は赤ちゃんには存在しません。

 

 

このミュータンス菌は人から人に感染するものなのです。

 

 

ですから虫歯菌の感染さえ防ぐことが出来れば
虫歯にならないことになります。

 

 

虫歯菌に感染しているか否かは
おおよそ2歳半までに決まります。

 

 

 

虫歯菌が感染しやすい時期というのは
生後1歳7か月から2歳7か月までの1年間とされています。

 

 

ミュータンス菌の感染は
唾液により起こります。

 

 

親を含めたミュータンス菌を持っている
大人たちが使用した箸やスプーンなどを
赤ちゃんが使用することによって
ミュータンス菌に感染します。

 

 

この期間に注意をすれば、
その後一生の虫歯リスクを下げることが可能なのです。

 

 

感染予防のための基本的な方法としては、
大人と箸やスプーンなどの共有をしないことや、
砂糖が入っている飲食物を与えないなどがありますが、
一旦ミュータンス菌が口の中に入ってしまうと
完全に取り除くのは困難です。

 

 

その場合には
虫歯菌の除菌を行わなければなりません。

 

 

赤ちゃんの虫歯菌を除菌する方法とは、
ミュータンス菌の活動を抑える
フッ素の使用が一般的です。

 

 

赤ちゃんの歯磨きの際に
フッ素入りの歯磨き粉やジェルを使用したり、
3ヶ月の間隔で歯科医に
フッ素を塗布してもらう方法があります。

 

 

フッ素の効果的な使用によって
赤ちゃんの虫歯菌を少しでも除菌して、
虫歯のリスクを下げていかなければなりません。

赤ちゃんでも使える

虫歯菌除去の善玉菌「BLISM18」配合の歯磨き粉




>>大人用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)


>>>子供用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)
トップへ戻る